消費者金融か銀行か

5万円や10万円を借りるだけなら金利は妥協できる

消費者金融からの借り入れに特に言えることですが、カードローンでのお金の借り入れは金利の高さがネックとなってしまいます。大手消費者金融でも実質年率17.8%~18.0%での借り入れとなる場合が多いため、どうしても返済時の利息が大きくなりがちです。

 

ただ、利息の割合は大きいとしても借りる金額を少なくすれば利息の金額自体は当然ながら少なくなります。18.0%の金利で50万円などのそれなりの金額を借りれば利息は膨らみますが、5万円や10万円の借り入れに留めておけば利息は軽く済みます。

 

少額の借り入れなら金利は妥協ができ、消費者金融特有の融資の早さですぐに必要なお金も用立てられるので、返済を考えて借りたい方は余計なお金は借りずに必要最低限に留めておけば安心です。

 

借りる金額は限度額内で自由

消費者金融での契約を行うと限度額というものが設定され、その枠内であればいつでも必要なときにお金が借りられるようになります。例えば審査の結果で限度額が30万円となれば、何も30万円を借りなければならないわけではなく、30万円のうちの1万円や2万円だけ借りるといった使い方でも問題ありません。

 

返済時に支払う利息は限度額ではなく借りた金額から計算がされるので、限度額がいくらであっても5万円しか借りないなら利息は5万円に対してかかるだけです。仮に限度額が100万円でも借りている金額が5万円なら、利息は5万円に対してのみとなります。

 

限度額内で自由に借りる金額を決められるカードローンの契約だからこその利用方法であり、返済時の利息負担が気になるなら限度額を問わずに借りる金額を少なくしておけば、余裕を持った無理のないペースで返済が進められるようになります。

 

限度額があるからと余計な借り入れは重ねない

限度額内なら繰り返し何度でも自由に借りられるカードローンは、再申し込み不要で借りられることでどうしても余計な借り入れを重ねてしまいがちです。本来は必要ない出費に対しても借り入れで対応をしてしまう場合もあり、そのような余計な借り入れを重ねると返済の負担が大きくなり、後々で自分自身が困ることとなります。

 

返済時の利息は借りている金額に対してかかるため、5万円や10万円を借りているなら利息は月に数百円だったものが、限度額いっぱいまで借りることで利息が大きくなり、月々の返済金額自体も大きくなってしまう可能性があります。

 

返済に余裕がなくなると毎月のお金自体にも余裕がなくなってきてしまうため、給料日前に手持ちのお金が足りないと新たな借り入れ先を探すようなことにもなりかねないのです。

 

カードローンは複数の借り入れを重ねると返済の負担が途端に大きくなります。なるべく余計な借り入れを重ねてしまぬように、必要最低限の借り入れに留めることが大切です。

 

少額を借りるに人気のカードローンは

大きな金額を借りるなら低金利の銀行カードローンを推したいところですが、5万円や10万円を借りるなら銀行のカードローンではなく審査や融資が早い消費者金融のカードローンがおすすめです。

 

少額が必要なときはとにかく急ぎで現金を手にしたいといった状況が多く、それであればやはり早さに優れる消費者金融が良いです。中でもおすすめとなるのは信頼ができる大手の消費者金融で、少額融資に人気高いところなら5万円や10万円を借りる即日融資を参考に選ぶと良いです。

 

消費者金融の中にも少額融資に向くところと向かないところがあるので、5万円や10万円を借りるなら少額融資に適するところを選んでおくと、よりスムーズな借り入れが可能となることでしょう。

 

カードローンは借り入れの目的や希望内容で適するところを選ばないと、申し込み自体が無駄に終わってしまったり審査で良い結果が出なかったりする場合があるので注意が必要です。

 

少額を借りるなら一括返済も考えてみたい

数万円の借り入れなら月々の分割の返済ではなく、借りている金額の一括返済も考えてみたいものです。一括返済ならだらだらと返済をするわけではないので、利息の支払いを抑えられて総支払額を少なくして完済ができるようになります。

 

借りる金額が2万円や3万円なら30日間借りても利息は数百円しかかからないので、給料日後に一括で返済をしてその月は出費を抑えて節約して過ごせばいつまでも借金を抱え続けることもなくなります。

 

カードローンは月々に分割で支払えることでどうしてもだらだらと払ってしまいがちですが、総支払額を抑えて完済をすることを考えるなら返せるときに一括で返してしまうと良いでしょう。

 

前倒しで完済をする場合にはそれまでの利息額や完済に必要な金額を問い合わせるようにしてください。勝手に金額を予想して入金をしてしまうと残額があり、返済の滞納として記録がされてしまう場合があるので注意が必要です。

page top