消費者金融か銀行か

低金利で限度額で金利が変わるオリックス銀行カードローン

返済を考えたカードローン利用は金利をしっかりと見ておく必要があり、金利を重視して借りるなら上限金利での契約となる場合が多い消費者金融は第一候補にはなりません。

 

やはり金利を重視するなら銀行のカードローンとなり、銀行の中でも特におすすめをしたいのは限度額ごとに金利のコースが設定されているオリックス銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローンなら低金利で借りられる可能性があるだけでなく、申し込みから契約までの手続きにも手間がかからないようになっているので、面倒なことを嫌う方にもおすすめをしたいカードローンとなります。

 

口座開設が不要のカードローン

銀行のカードローンは利用のために口座が必要となるところが多く、口座を持っていなくても申し込み自体は行えても、契約までに口座開設が必要となるところも少なくありません。

 

対してオリックス銀行カードローンは口座がなくても申し込みができ、口座開設不要で契約も借り入れも行えるので、使いもしない余計な銀行口座を開く手間がありません。

 

また、銀行口座の開設が必要となると書類への記入等が必要となる場合が多いことから、Web申込後に郵送でのやり取りが必要となります。郵送手続きとなると来店不要ではあるものの、契約までどうしても日数がかかる大きな問題点があります。

 

オリックス銀行カードローンはWeb契約可能

口座開設不要で郵送も不要となるオリックス銀行カードローンは、パソコンやスマホでのWeb契約が可能です。他の銀行よりも手続きが早くに進みやすく、特に問題がなければカードが手元に届き次第でお金が借りられます。

 

オリックス銀行カードローンの借り入れは全国のコンビニや金融機関の提携ATMが基本となり、提携ATMなら利用手数料がいつでも無料で利用できるので余計なコストなくお金が借りられます。

 

借り入れ後は返済時に利息は当然かかってしまいますが、限度額によっては低金利で借りられるので利息負担が抑えられるのもオリックス銀行カードローンの良い点となります。

 

少額の利用では金利はそこまで低くなりませんが、100万円超のような大きな金額を借りる場合においては、オリックス銀行カードローンは低金利で利用ができるようにもなっています。

 

事業主の方でも利用は可能

事業資金への利用は認められていませんが、事業資金ではなく個人利用であれば事業主の方でもオリックス銀行カードローンは利用が可能です。個人事業主、自営業者でもある程度の営業実績があり、収入も安定しているなら申し込みは問題なく行えます。

 

ただ、事業主の方が申し込みを行う際には、一般的なサラリーマンなどの方の申し込みに比べて必要書類が増えてしまう場合があります。どのような書類が必要となるかは事前に確認をしておくほうが良いので、申し込みの際には公式サイトだけでなくオリックス銀行カードローンの情報サイトにも目を通しておくようにしましょう。

 

銀行カードローンは現在は締め付けが厳しいことで公式サイトには当たり障りのないようなことしか書かれていないので、より詳しい情報を知りたい場合には公式サイト以外のカードローン情報サイトが欠かせません。

 

金利や限度額、その他の貸し付け条件などの情報に関しては公式サイトを見ておくのが確実です。カードローン商品の基本内容に関してはオリックス銀行カードローン公式サイトで確認をしてください。

 

負担が大きいリボ払いからの借り換えにも

オリックス銀行カードローンの資金使途は幅広く、急な出費への利用の他に他社リボ払いからの借り換えにも利用ができるようになっています。リボ払いは払っても払ってもなかなか終わりが見えてこないもので、どうしても利息負担が大きくなるのでなるべくなら借り換えて負担を減らし、余裕のある計画で完済を目指したいものです。

 

カードのリボ払いの金利手数料とオリックス銀行カードローンの金利で比較をし、金利が下がるなら借り換えを考えてみるようにしましょう。借り換えとして利用をするからといって何か必要な書類が増えるわけでもないので、負担を軽くできるかもといったちょっとした期待を抱く程度でも申し込みをしてみる価値はあります。

 

借り換え審査に通らなければ今まで通りリボ払いを継続するだけで、特に何かデメリットがあるわけではありません。審査に通れば負担が軽くなる可能性、通らなければ現状維持と考えれば借り換えを検討しない理由もないので、大きな負担のリボ払いを抱えている方はオリックス銀行カードローンへの借り換えを積極的に考えてみてください。

 

借り換えとして利用をする際には、今現在のリボ払いの支払いが正常に行えている必要があります。リボ払いの支払いができていない状況では審査に通らないので、負担が大きく今後の支払いがどうなるか分からないといった方は、早めに負担を軽くできる可能性があるオリックス銀行カードローンへの借り換えを考える必要があります。

page top